Q.7 「急いで!」とやたら言う客への対応

A.7
これは絶対に避けて通れません。
特に朝一の通勤帯です(夜勤専門は対象にはなりません)

 

とにかく、乗るや否や「新宿まで、急いで!」「六本木まで外苑を抜けて青山一丁目経由で!超特急でお願い!」とかお客さんも言いたい放題です。

 

 

もっとも、毎日そんなお客さんに当たることはありませんのでご安心ください。
月に数人か、ついていればまったくあたらないこともあります。

 

そこで、もしもそういったお客さんが乗車された場合の対応策として、ほとんどのベテラン運転手がしている方法を教えましょう。
こちらも生活が掛かっています。死活問題にもなるし違反をすれば会社にも迷惑をかけます。

 

かと言ってお客さんの立場も考えなくてはなりません。

 

実際はしていないものの急いでいるふりをする。

たとえば、渋滞していれば前方を覗いたりして「こっちは急いでいるんだ!」みたいな。
スタートするときに、一瞬だけアクセルを吹かして数メートルだけ走ります。後は通常運転で。
とにかくメリハリをつけて急いでる風なパフォーマンスします。

 

お客さんは「ああ、急ぐ努力をしてくれてるんだな」と思って、文句をいう事はありません。もちろん、道路が空いていれば制限速度内において目的地まで急ぐことは言うまでもありません。

 

違反・事故を起こしてからでは遅いですからね。
安全運転を心がけて行きましょう!